費用を抑えたいならローコスト住宅がお勧め

婦人

住宅の魅力を知ろう

北欧住宅は機能性や住み心地に拘ったつくりとなっており、日本でも需要や人気が高まっています。本式は北欧から輸入するので高額になる場合が多く、業者としっかりと相談して購入することが大切なポイントになります。

近代都市で快適に

豊田は、栄えているにもかかわらず人口密度が低く、緑の多い地域です。そのため多くの人が、文明と自然の中での快適な暮らしを求めて、豊田で注文住宅を建てています。特に、夏の熱気や湿気をスムーズに排出できる開口部の多い注文住宅や、冬に暖かく過ごすことのできる二重壁構造の注文住宅に、人気があります。

品質がいい

豊橋で新築住宅のマイホームを購入するのであれば、品質が高くてコスパの良い会社に依頼する事が大切です。また、依頼主の意見をきちんと聞いてくれる住宅会社に依頼することも重要になっています。また実績のある会社を選ぶようにしましょう。

安く購入できる住宅

一軒家

大きく安価な建材を使用

ローコスト住宅とは、建築費用を抑えることで販売価格を安くした住宅で、これは地価の高い都市部で注目されています。地価が高いと、土地の購入費用が多くかかることになりますが、ローコスト住宅の場合は、その負担が少なめとなるのです。具体的には、ローコスト住宅の販売価格は、1坪あたり30〜40万円となっています。30坪のローコスト住宅なら、1000万円前後の予算で購入できるということです。一般的な戸建て住宅の販売価格が、1坪あたり50〜60万円なので、約30%もの開きがあるわけです。なぜここまで安くすることが可能なのかというと、比較的安く仕入れることのできる、大きな建材を使って建築するからです。たとえば、強化プラスチックパネルやサイディングボードといった建材です。小さな建材を使う場合、繋いだり組み合わせたりといった手間隙が多くかかります。しかし大きな建材は、少ない手間で短時間で組み立てることが可能です。たとえば浴室の壁をタイル張りにする場合は、1枚ずつ均等に接着していく必要がありますが、強化プラスチックパネルを壁に使用する場合は、接合部をシリコンで固定するだけで済むのです。こういった建材における工夫により、工期は短くなりますし、その分かかる人件費は少なくなります。それが建築費用に反映されているため、ローコスト住宅は比較的安く購入できるのです。もちろん建築費用が安くても、安全性については十分に考慮されているため、安心して住まうことができると言えます。

Copyright © 2017 費用を抑えたいならローコスト住宅がお勧め All Rights Reserved.